lights

外貨取引の手数料

世界中の国や地域から発行されている通貨を利用し、これを取引することで利益を求めていくものが外貨取引になりますが、わたしたちが身近に利用できる外貨取引では、外貨預金や外国為替証拠金取引であるFXなどがあります。

この二つの外貨取引には、それぞれに特徴がありますが、どの取引を利用してもその手数料が利益の足を引っ張るコストとなるために、これが小さければ小さいほどに投資にとっては有利となります。

外貨預金での手数料は、日本の円を外国の通貨に換えた際と、その外貨を日本の円に戻した時にかかる物があります。
この外貨預金では、基本的にはこの通貨の交換を頻繁に行う取引ではないために、手数料は比較的高めの設定になっていることがほとんどです。

外貨預金では、日本の預金で得られる低い金利ではなく、高い金利を持っている外貨によって貯金をすることによって、その金利を得ているために、相場リスクに遭うことはすくないものの、得られる利益はそれほど大きなものではないという特徴があります。

こうした事から、時としてその手数料がデメリットとなることがあり、特に預金を日本円に戻す際に為替相場の状態が悪くなっており、日本円を外貨にした時よりも、外貨から日本円に戻した方が相場が低くなった場合には、この手数料と相まって利益がほとんどなくなってしまう場合や、損失になってしまうこともあります。

また、この通貨を交換する際の手数料は、取り扱いのある銀行や証券会社などによっても違いがあり、店舗型の銀行や証券会社よりもネット銀行などで取り扱っている外貨預金の場合には、手数料が抑えられているのが一般的となっています。

FXでの取引では、通貨を頻繁に売買取引して、この差益によって利益を得る事を目的としているので、この通貨の交換の手数料は低く抑えられているか、無料か極めて低い金額となっている取引業者がほとんどになります。
こうしたFXでは、為替相場に表示されている売値と買値の値幅の差であるスプレッドが手数料として取引業者に徴収される形となっており、これによって取引業者は利益を得ている形になります。

売値と買値の値幅であるスプレッドの幅は、広くなればなるほど大きな手数料になり、狭ければ狭いほど小さな手数料になります。
こうしたスプレッドの幅の広さや、通貨交換の手数料の金額やその有無は、取引業者やその業者内でも通貨の銘柄などによって違いがありますので、自らがどのような通貨を取引するかによって、その設定を確認をする必要があります。