lights

外貨取引の仕組み

わたしたちが身近に行える外貨取引には、FXや通貨を銘柄にしたバイナリーオプションといったものがあり、こうしたものを利用することによって、少ない資産であってもこれを活用することによって、効率よく運用することもできます。

FXも通貨を銘柄にしているバイナリーオプションも、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して、投資を行っていく仕組みになっています。

FXでの取引の場合には、売り注文と買い注文という二つの種類の注文を、一連の取引で利用する新規注文と決済注文の二回のタイミングで行うことによって成り立っています。

異なる二種類の通貨を一組としたものを通貨ペアと言い、この通貨ペアを銘柄として投資取引を行っていき、この通貨ペアに対して売り注文と買い注文を行っていきます。

基本的には、新規の注文で買い注文を行い、片方の通貨でもう片方の通貨を購入して保持を行い、為替相場の変動を待って利益が出たところで今度は決済の売り注文を行って、先の買った通貨を売却してその差益を得ます。
新規の注文を行った場合には、必ず決済注文を行うことで一連の取引が終了することになり、新規の注文を買い注文で始めた場合には、決済注文を売り注文で終了させ、逆に新規注文を売り注文で始めた場合には、決済注文を買い注文で終了させることになります。

利益の大きさは、相場のレート変動の広さによって決定されることになり、低い価格で通貨を購入した場合には、これが高くなればなるほどその差益が大きくなるために大きな利益が出ることになり、またあまり高くならなければ利益が小さくなることになり、もちろん、通貨の価格が買った時点よりもさらに低くなってしまえば、その分の損失が出ることになるのです。

これに対して、バイナリーオプションでは通貨の銘柄のそのものの価格によって利益や損失が出るのではなく、その相場の変動を予測し、それが的中するかどうかによって投資が成功するか失敗するかが決定します。

バイナリーオプションでの利益と損失は、為替相場の変動の大きさによって決定されるのではなく、わたしたちが自ら投資した資金の量の大きさによって決定されるのがとくちょうになり、多くの資金を投資すればそれだけ利益の量が多くなり、取引きが失敗した場合には、その投資した資金がそのまま失われることになります。
もちろん、投資する資金を少なくすれば損失を小さくできますが、その分、得られる利益も小さくなるのです。

バイナリーオプションでは、あらかじめ決められた期間内に、為替相場のレート変動が、決められた条件を達成できるかどうかの予測を行い、予測が的中すれば利益が出ることになりますので、難しい予測をしなくてもある程度投資が行える仕組みになっています。