lights

何時でも投資取引が行える

外貨を使った投資取引には、いろいろな種類がありますが、わたしたちにも比較的簡単に行うことができるもので言えば、FXでの取引や通貨を銘柄にしたバイナリーオプションなどは、身近な外貨取引という事ができるかもしれません。

FXでの取引やバイナリーオプションでの取引は、現在ではインターネットでの取引が主流であり、FXやバイナリーオプションを取り扱っている取引業者は、国内にも海外にもたくさんの業者が存在しています。

また、このどちらもインターネットを経由しての取引がメインとなるために、PCやノートPC、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器でも取引を利用して、どこにいても取引ができるのが特徴となります。

このFXや通貨を銘柄としているバイナリーオプションの取引は、外国為替市場の為替相場の変動と利用して行われており、これにより取引の時間に大きな特徴を持っています。

同じような相場の取引で、わたしたちがよく知っているものには、証券取引所で行われる株式市場での株取引がありますが、証券取引所での株式市場は、平日の午前9時から11時30分までの間と、午後の12時30分から3時までとなっており、11時30分から12時30分の間は昼休みとなり、午前のものを前場、午後のものを後場と呼んでいて、それ以外の時間帯や曜日は市場が閉まっているために取引きが行えません

このように、株式取引で直接に相場投資を行いたい場合には、例えばサラリーマンなどで働いていたのでは投資を行えないという事になります。

しかし、FXでの取引や売張り―オプションの場合には、こうした時間の制限が大幅に広くなっていることが特徴になります。

これらが投資取引に利用している外国為替市場は、世界中に取引所が点在しており、その取引所をインターネットなどを利用してそれぞれに連携させている、いわば仮想の為替市場となっており、一つの市場が終了してもその取引をリレーのようにして引き継いだり、また同じ時間帯に複数の市場が開場しているなどの場合があります。

この事により、外国為替市場を利用した投資取引では、基本的に日本時間の月曜日の早朝5時ごろに開場するオセアニア地区のニュージーランドのウェリントン市場を皮切りにし、土曜日の午前4時頃に世界三大取引所の一つであるニューヨーク市場が終了となるまでの間、24時間いつでも市場が開場しているのです。

この事により、FXや売張り―オプションを使った投資取引は、事実上、時間の制限を受けることなく何時でも投資取引が行えることとなっているのです。