lights

初心者にも理解しやすい

外貨を使った投資取引にはいろいろな種類があり、大きく分けて外貨を使って海外の株取引や債券投資、投資信託などを行って利益を求めるものと、外貨のそのものを利用してそこから利益を得るものになります。

投資取引の初心者が、身近に触れられる外貨取引では、外国為替証拠金取引であるFXによる投資取引や、通貨を銘柄としたバイナリーオプション取引、日本の円を外国の通貨によって預金する外貨預金などがあります。

このうち外貨預金は、銀行などで取り扱われている外貨取引になり、主には日本の円の低い金利に変わり、金利の高い国の通貨の金利を利用するもので、大きな資金を預けることによって大きな金利での利益を得る事ができるようになります。

日本の円を外貨に換えるために、外国為替市場の為替相場のレート変動の影響を受ける事になりますが、基本的には頻繁に通貨の交換を行うものではないために、外貨に対する基礎的な知識があれば行うことができるというもの特徴になるでしょう。
こうした事から、あまり通貨の情報や投資の知識などに詳しくなく、また、預けられる資金的な余裕も持っている人に向いている外貨取引と言えるでしょう。

外貨預金のデメリットとしては、円を外貨に交換したり、外貨を円に戻したりする場合に比較的に大きな手数料がかかること、金利で得られる利益はそれほど大きなものではないために、為替相場の変動によっては、円から外貨に交換した相場よりも、外貨から円に交換した相場が低くなってしまった場合には利益が小さくなってしまったり、損失を招いてしまうことがあるという点になります。

FXでの取引は、株取引や不動産投資などと比べると、元手となる資金が少なくて済むために、比較的初心者向けの外貨取引となりますが、ある程度の相場の知識が必要になるために、どちらかと言えば、今後にわたって深く投資に携わっていきたい、投資や市場経済の知識を得たいという初心者に向いたものと言えるでしょう。

外国為替市場の相場変動を利用し、通貨を売買取引していきながら、その為替差益を求めていくことになるので、小さな元手を増やしていき大きな資産にすることも可能になります。

また、同じように為替相場の変動を利用した取引には、バイナリーオプションというものもあり、この投資取引の場合には、相場のレートがあらかじめ定められている条件に達するかどうかを予測し、それが的中すれば利益が出ることになるために、FX取引よりは初心者にも理解しやすい取引ルールとなっているのです。