lights

外貨取引

わたしたちは日本に住んでいるために、通貨をして円を使用していますが、世界中の国や地域ではさまざまな通貨が使われており、それらの外国の通貨、つまり外貨を使った投資が外貨取引になります。

詳しくはこちらをどうぞ>>http://www.fxoption.net/rank/highlow-australia.html

外貨を用いた取引には、通貨の種類以外にもいろいろな方式でのものがあり、こうしたものは通常は日本国内の金融機関が金融商品として取り扱っているものを活用するのが一般的で、この事により外国の通貨を利用する投資の固有の問題である、時間や言葉、国と国をまたぐいろいろな制約や専門知識などの不足を補っての投資が可能となります。

外貨を使った投資取引では、日本の円を外貨に換えて外国の株式を購入したり、債券を購入したり、また外貨によって外国の投資信託に投資を行ったり、外貨建てにて社公債の投資信託を行う外貨建てMMFなどがあり、こうしたものを外貨建て金融取引と言い、また日本の円を外貨に換えて預金を行う外貨預金や、海外の通貨を相互に売買していく外国為替証拠品取引といったものがあり、これらを外貨取引と言います。


参考>>http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonline



とくに、外貨預金や外国為替証拠金取引、いわゆるFXは、外国為替市場の為替相場の動きや通貨に設定されている金利などを利用して投資を行うために、これらの事を特に外貨取引と呼ぶ場合もあります。

この外貨取引と、外貨建て金融商品の違いは、外貨建て金融商品では株式や債券、投資信託やMMFといった投資するべき金融商品がまず先にあり、それを外貨蓼によって行う知負うものになります。
これらは、まず金融商品によって投資をして利益を求める事が目的であり、それを外国の通貨で行っているという事になるのです。

この事により、例えば外国の株式で利益を上げたとしても、外貨の為替の状態によってはその利益が減ってしまう事や失くなってしまう事、また、逆に利益が大きく膨らむこともあるのですが、いずれにせよ外貨建てで行っている金融商品、投資取引がメインであるために、外貨での利益や損失は副次的なものであるという特徴があります。

これに対し、外貨預金やFXなどでは、通貨を直接の取引銘柄として扱っているために、その取引で利益を生み出したり、損失が発生したりすることになります。

特に、www.australiahighlow.orgでおなじみの外国為替市場の為替相場を利用して、その為替差損益を求めていくFX取引はその代表的なものであり、日本の円を利用せずとも、外国の通貨同士での取引でも利益を生むことができるために、日本の相場に影響されないなど、様々な特徴を持った外貨取引なのです。